メスを使わない施術法

鏡を見る女性

顔の印象が変わる可能性

小顔にするための施術で人気があるのがメスを使わない方法です。メスを使うものは大きな手術を必要とするので入院が必要になりますし、痛みなど体への負担も大きくなるからです。メスを使わない方法というのは主に注射などで薬剤を注入する方法です。ボトックスのように筋肉を細くするものもあれば、脂肪溶解剤を使う方法もあります。それ以外ではヒアルロン酸を使って不足している部分を膨らませて顔を小さくみせるものもあり、注射ひとつでかなり色々な方法があることがわかります。医学の発達で薬剤だけで顔を大きく変えることができるようになり、メスを使わなくても大きなイメージチェンジができます。これらの方法は顔のタイプによって向いている治療法が違ってくるので、まずは診察で医師に顔の状態を診てもらいましょう。エラの筋肉が発達し過ぎている時にはボトックス注射を使って筋肉を細くすれば、顔をシャープに見せることができます。ボトックス注射は大きな副作用もなく誰でも受けることができるのでお試しで使ってみるのも良いでしょう。効果は数カ月間のみなので気に入らなければ、次の施術を受けないようにすれば元の状態に戻ります。また脂肪が多い場合には脂肪溶解剤を気になる部位に使えば、次第に脂肪がとれてすっきりしていきます。このように顔が大きくなっている原因に応じて部分的に使っていくことで、必要な部位にだけ効果を出すことができます。同時に使うこともできるのでボトックス注射を脂肪溶解剤を部位ごとに使い分ける小顔術もおすすめです。小顔に見せる時に重要なことはなりたい顔のイメージをはっきりとさせておくことです。顔を小さくすれば良いというよりも全体の雰囲気の希望をはっきりとさせて医師に伝えておきましょう。そうしないと小顔には成功しても、なりたかった顔とは違った仕上がりになってしまうこともあるからです。顔が小さくなると、その分目鼻立ちがはっきりと見えることが多くなりますが、場合によってはそれがきつい顔つきに見せてしまうこともあります。小顔になるとシャープな印象が強くなるので、きつく見えてしまうことがあるのでしょう。もしも顔を小さくしたことで顔の雰囲気が変わってしまった時にはヒアルロン酸などを使って必要な部分をふっくらとさせると顔の印象を優しく見せることができます。特に年齢を重ねていると顔の脂肪がつきにくく落ちやすいので、小顔にしたことで貧相な雰囲気になってしまうこともあります。頬などはできるだけふっくらとしているほうが女性らしさを演出できますし、若々しさも感じさせられます。若い人の場合には顔色も良いことが多いので、小顔にしても健康的に見えますが、年齢を重ねていると不健康に見えてしまうことがあります。またもともと顔の印象がきつい人や、顔に脂肪がつきにくい体質の人なども注意しておかないといけません。医師はたくさんの患者を診ているので、施術前にどういった仕上がりになるかの予想を立てることができます。もしも、顔が小さくなったことで全体のイメージが悪くなりそうな予感がした時には医師に相談をしておきましょう。

カウンセリング

大顔の悩みを解決する施術

憧れの小顔になりたい人は、美容整形がおすすめです。小顔施術の種類も希望に合わせて選べるので、自分に合った施術を見つけましょう。また、その際クリニック選びも大切です。同じ施術であっても技術力の違いなどもあるため、下調べしてから選びましょう。

顔に触れる女性

効果のある整形手術

見た目を大きく変えられる小顔整形の手術は、複数の方法から自分に合ったプランを選べるので便利です。クリニックで利用できる手術には大掛かりなものも存在しますが、注射でできる簡単な方法もあるため安心して利用できます。

顔に触れる女性

エラ部分をすっきりと

小顔になりたい人におすすめするのがボトックス注射です。メスなしで行える施術であり、短時間での施術を実現しています。施術後数週間で小顔をしっかり実感することが出来、副作用のリスクも少ない施術なので大変おすすめです。